Archive for the ‘健康’ Category

女性たちの間でスキンケアに

女性たちの間でスキンケアにオイルを使うという方も最近よく耳にします。スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、保湿力アップを期待できます。オイルの種類を変えることによってもいろいろと効果が変わってきますので、その時のお肌の状況により最適なオイルを適度に探してみてください。 Read the rest of this entry »

健康保険が使える美容外科治療

一般的に美容外科治療には「保険が使えないため高額」というイメージがあります。
たしかに、保険は厚生労働省が病気と認めた治療のみに適用されるため、美容目的である美容外科治療には適応となりませんが、一部保険が適用される場合もあります。
保険が適用される基準とは、治療を必要とする症状であると厚生労働省が認めた病気や怪我であり、さらに国が保険診療として認めた治療法によって治療した場合のみ保険診療となります。
同じ病気でも健康保険適用の治療法を行なっていないクリニックもあります。クリニックの判断によって異なりますが、以下は、保険適用となる可能性の高い症状です。。
【皮膚疾患】
シミは保険適用外ですが、シミのように見えるアザであれば適用される事があるので、クリニックで診断してもらいましょう。
●あざは、お尻以外にできた青あざ、赤ちゃんの赤あざなど、生まれつきのアザは保険適用される事が多いですが、5回目以上の治療は自費になるなど、クリニックによって対応が異なります。
●ほくろ・イボは、症状により健康保険が適用される場合があります。悪性度の高いホクロ、ある症状の見られるホクロのみ適用など、クリニックによって判断が異なります。
●外傷性刺青とは、転倒するなどによってできた色素沈着で刺青(いれずみ)のようになってしまったもので、保険適用される事が多いです。ただし、ファッションで入れた刺青(タトゥー・いれずみ)は保険適用外です。
【わきが・多汗症】
ワキガと多汗症は厚生労働省が病気と認めているため、治療法によっては健康保険適用されます。剪除法(せんじょほう)の手術による治療は保険適用と認められています。
【陥没乳頭】
授乳が困難、乳腺炎など病気になると判断された場合に保険適用となりますが、40歳未満で今後授乳の予定がある方が対象となります。クリニックの診断によるため、まずは診察をお受けください。
いずれにしても、自分の症状が保険適用となるか否かは、最終的に医師の診断となりますので、まずは無料のカウンセリングやメールでのご相談をおすすめいたします。
THE CLINIC(ザ・クリニック)は、【ボディデザイン】に特化した専門クリニック

リバウンドをしないエステと注意点

お金と時間を掛けてエステに通い続け、ようやく体重も減って体のラインもすっきりしたのに、エステをやめた途端に体型が元通りになってしまった。
こんなことになってしまったら、何のために・・・・とむなしい気になりますよね。こんな悔しい思いをしないためにも、エステ選びは非常に重要です。
例えば、発汗性のジェルなどを使ったハンドマッサージの一部には、ただ汗をかくだけで、脂肪の燃焼には全く役に立たないエステというものも存在します。これは、ただ一時的に体から水分を出して体重を減らしたように見せかけているだけですから、水を口にしただけで、あっという間に体重は元に戻ってしまいますから、何の意味もありません。
また、特殊な光をあてることで脂肪を融解させる光エステや、外科的手術で直接脂肪を取り除いてしまうエステなどもありますが、これで体質が変わるわけではありません。エステで痩せても、暴飲暴食をしていれば、すぐに前の体型に戻ってしまいますから、その痩せた体系を維持するためには、大変な努力が必要になります。
一時的に体重が減り、あたかもすぐに効果が出るように見せかけているエステではなく、太りにくい体が作られていくエステを選ぶことです。では、どのようなエステならばリバウンドしにくいのでしょうか。
高周波エステ、ラジオ波エステなどといったものは、電波によって体の内側から温めて新陳代謝を活発にし、太りにくい体を作ることを目的にしておりますから、このようにエステを選んだ方が良いのではないでしょうか。
しかし、これらはいずれも、リバウンドしにくいエステであって、絶対に、何があっても、リバウンドする可能性がない、という意味ではありません。痩せる以上に食べれば、脂肪がつくのは当然です。エステに通っていても、美しいプロポーションのためにも、暴飲暴食、極端な運動不足はやめましょう。
何より心がけなければなら ないのは、バランスの取れた食生活、適度な運動です。エステというのはダイエットに非常に有効な手段の一つではありますが、それだけに頼るのではなく、あくまで自分で痩せるという意思が必要なのです。
ピュウベッロ【20代女性】が圧倒的支持のエステサロンです♪

歯周病とその原因

歯周病とは、歯肉炎や歯周炎といった、歯ぐきや歯を支える骨などの歯周組織に関する病気を総称して歯周病といいます。
歯肉炎とは、歯肉に炎症が起きた状態を言い、また、歯周炎は炎症が進んで歯周組織にまで及んだ状態をいいます。歯槽骨という、歯を支える骨が溶けて最後には歯が抜けてしまいます。
最も多い歯周病の原因は、プラーク(歯垢)が口の中に残ることです。その他にも、喫煙やストレス、糖尿病、骨粗しょう症それに、遺伝などが挙げられます。
親の生活習慣によって作られた免疫の働きは子供へ遺伝します。また 喫煙者の歯周病は、喫煙しない人に比べて確率が高く、進行も早くなっています。
喫煙者が歯槽膿漏や歯肉炎を治療しても治りにくいといわれており、喫煙量を減らすということも歯周病の予防につながります。
そして、歯周病にかかりやすい原因を複数抱えることで、歯周病になってしまいます。
さらに、歯周病になることで骨粗しょう症が進んだり、歯周病菌が体の中に入り込んだりして、虚血性心疾患や早産になることもあります。
抵抗力の落ちている人や歯周病にかかりやすい条件にあてはまる人は、特に注意が必要です。
精密審美歯科センターは、【ミクロレベル】で歯の治療をします!!

プラセンタの健康効果

宴会などでついついお酒をのみすぎ、翌朝は、頭がガンガンして、仕事にならず飲みすぎを後悔するなんてことは良くあることですよね。プラセンタは、そんな二日酔いにも効果があるといわれています。
プラセンタは、シミやシワ、ほうれい線、肌の老化や乾燥などの美容効果以外にも、体の冷えや肩こり、生理不順などの健康にも効果を発揮することで人気を集めておりますが、実は、二日酔いにも効果があるのです。
もともとプラセンタは、肝臓や肝機能障害を持つ人に処方されている医薬品ですので、二日酔いにも効果が実感できる方が多いのです。すなわち、プラセンタエキスは特に肝細胞を活性化させる働きが高く、身体全体の疲労を回復させ、多少の睡眠不足にもこたえない健康な身体を取り戻してくれるのです。
ただし、即効性を期待するのではなく、普段からプラセンタを続けていることが大切です。プラセンタを続けることで、お酒を飲んだ翌日に以前よりも体の調子がいい、あまりむくまなくなるという効果が期待できるのです。
プラセンタファインは【北海道産サラブレッド100%】顧客満足度97%の馬プラセンタです。

有酸素運動で便秘解消

運動不足になると血流が悪くなり、腹部の血行も低下することで便秘になりやすくなってしまいます。
自然なお通じを目指すためには、酸素を体内に取り入れながら行う有酸素運動も効果があります。
有酸素運動といっても、良くテレビのCMなどに出て来るエアロビクスといった特別な運動をする必要はありません。
ウオーキングやサイクリングなどで、腸の働きを活発にすることができるので、毎日の生活の中で無理なく取り入れることが出来ます。
有酸素運動は、全身の血流がよくなる効果の他に、自立神経が刺激され「気持ちいい」と感じる状態になります。この状態になることで、腸の働きも良くなるのです。
自分の気持ち良いペースで有酸素運動をすると、体もリラックスした状態になり(副交感神経が優位な状態)、腸の働きも良くなることで、便秘解消が期待できます。
逆に、交感神経が優位な状態のときは、体は緊張しているので、血流の流れを圧迫して、腸の働きも悪くなります。
食事の内容に気をつけたり、腸のマッサージをするとともに、有酸素運動を行うことも、自然なお通じのために有効な対策なのです。
「スッキリ炭べえ 」で、【便秘解消+腸内環境を整え】ポッコリお腹もスッキリ♪

体脂肪率とは

人間の体には、余ったエネルギーを脂肪に変えて備蓄しておく働きがありますが、体脂肪とは、体内に蓄えられた脂肪のことです。
体脂肪は、内臓を外部からの衝撃から守ったり、体を保温したり、ホルモンバランスを調整したりするために、ある程度は必要なものです。
しかし、体脂肪を余分に溜め込んでしまうと、生活習慣病の原因に、逆に、不足し過ぎても危険ですので、健康維持のためには、まずは自分の体脂肪の数値を知っておくことが大切です。
体脂肪の数値は体脂肪率によって分かりますが、この数値とBMIや体重を組み合わせると、一つの数値だけからでは分からなかったことが見えてきます。
例えば、BMI=25でも、体脂肪率が30%以上であれば、これは内蔵に脂肪が溜まっている「隠れ肥満」ということになります。
体脂肪率は「体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100」で計算しますが、体内の水分や血流の影響を大きく受けて変化するので、できれば毎回市販の体脂肪計で計る方がよいでしょう。
女性の体脂肪率の基準は、
■~19.9% = 痩せている
■20~24.9% = 適正
■25~29.9% = 軽い肥満
■30%~ = 肥満
となっています。
しかし、体脂肪率は低ければ低いほど良いというものではありません。特に17%以下になると、生理が止まるなどの婦人科系トラブルの原因にもなりますので、要注意です。
一方、男性の場合は
■~14.9%=痩せている
■15~19.9%=適正
■20~24.9%=軽い肥満
■25%~=肥満
となります。
体脂肪率は計測時の体のコンディションによって変わったり、性別によって適正な数値が異なるため、正しいダイエットの為には、定期的に自分の体脂肪率を計り、適正数値との差を把握しておくことが大切です。
メタボ茶は【安くて美味しいお茶】メタボ解消とダイエットにオススメ♪

男性が行う酵素ダイエットの注意点

酵素ダイエットは、男女関係無く気軽に取り組む事が出来ますが、酵素ダイエットを男性が取り組むにあたっては、いくつかの注意点があります。
■酵素食品だけに頼らない
ダイエットの効果を得るためには、食生活などの生活習慣の改善も必要です。普段何を食べても良いのが、酵素ダイエットの魅力ですが、男性が好んで食べる肉だけを中心に食べるなど、偏った食事は最適とは言えません。
せっかく積極的にダイエットに取り組むのですから、酵素食品だけではなく、他の食事の栄養バランスも考えましょう。またストレスや喫煙飲酒も、出来るだけ避けるようにしましょう。これらの行動は全て、酵素力を低下させる原因となります。
そして、ストレスが溜まったら、読書や音楽鑑賞、体を動かすなど別の解消方法を行いましょうね。
■劇的な変化を期待しない
男性が容姿を気にするとなると、大抵はかなりお腹が出てきたり、普段の体重よりもかなりオーバーした時などです。
しかし、膨らんだ体を作るのには、一定の時間が掛かるように、これを萎ませるのにも同じように時間が掛かってしまいます。
酵素食品は健康食品なので副作用の心配はありませんが、即効性はないので、飲用したからと言って、劇的な変化は望めません。したがって、酵素ダイエットを行って1ヶ月で、-10キロなんて大幅な変化はほとんどありません。毎日“継続”して、健康な体を取り戻すしか方法はないのです。
■無理な方法は逆効果
酵素ダイエットを集中して行いたい場合は、プチファスティングがオススメです。準備期間や複食期を入れた3日間が一般的ですが、効果を早めるために毎週行ったりするのは逆効果です。
プチファスティングは頻繁に行うと、ストレスから活性酸素が発生し、酵素力の妨げとなります。無理な酵素ダイエットは、逆効果になるので止めましょう。
ベルタ酵素は【多くの女優やモデル】がダイエットと美肌作りに愛用の酵素ドリンク♪

ダイエットシェイクの気になる効果

ダイエットシェイクには、メインとなるダイエット効果はもちろん、そのほかにも健康・美容への効果が期待できます。
1食分あたりのカロリーは、ダイエットシェイクごとに異なりますが、平均100~200kcalが主流です。通常の1日3回の食事のうち、1食または2食をダイエットシェイクに置き換えると、およそ500kcal以上のカロリーカットとなり、1日の総摂取カロリーを減らし、ダイエット効果につなげることができます。また、ダイエットシェイクの中には、脂肪燃焼を助けるアミノ酸を配合しているものもあり、より痩せやすい工夫が施されています。
また、ダイエットシェイクにはタンパク質や脂質、糖質、をはじめ、ビタミンやミネラル、食物繊維など、基本となる栄養素がバランスよく配合されているので、体調を崩すことなくダイエットを続けることができます。さらに、高タンパク・低カロリー設計で、筋肉維持のためのプロテインに加えて、ダイエットで不足しやすいビタミンやミネラルが基本成分として配合されています。
その他にも、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を配合している商品もあります。ダイエットシェイクに含まれているコラーゲンやヒアルロン酸は、美容サプリメントやドリンクなどにも配合されている注目の美肌成分で、肌にハリやツヤ、うるおいを与え、気になるシワやたるみをカバーする効果があります。
美容成分配合のダイエットシェイクを利用することにより、ダイエット効果と併せて美肌効果も得られて一石二鳥です。
実際、ダイエットのために始めたダイエットシェイクで、思わぬ美肌効果も得られたと喜んでいる方の声も多く聞こえています。
パーフェクトダイエットプロは 【リバウンドしないダイエット+美容】の美容液ダイエットシェイクです♪

便秘と水分補給

スムーズな排便をするためのポイントとなるのは、腸の水分量です。老廃物に水分を与えて排泄しやすい状態にしたり、腸に刺激を与えたりするなど水分補給はとても大切なものです。
いくら水分を飲んでも、実際に大腸に届くのは10分の1程度の量なので、飲み物を摂ることは便秘対策には欠かせません。
特に、便秘解消に良いとされている食物繊維の中でも、不溶性食物繊維をとるときには、水分も十分とらないと逆に便秘を悪化させることもあるので、便秘のときには、水分の補給法や量には注意が必要です。
便通に効果のある水分補給法は、少しずつ何度も水分を摂るということです。1度にたくさん水分を摂るのではなく、腸に潤いを与えるイメージで、こまめな水分補給を心がけるようにしましょう。
腸に届く水分量が不足すると、たちまち便秘が悪化するということもあるので、摂った水分が汗となって出てしまう夏場などは特に意識して水分補給をしましょう。
水分補給をするタイミングで、効果が期待できるのは、朝起きてすぐの冷水です。便意がなくなっていない、中度までの便秘の場合は、朝起きて、食べ物が何も胃に入っていない状態のときに冷たいお水を飲むことで、大腸に「ぜん動運動をしなさい」という合図が送られて、腸が動くきっかけになります。
一方で、冷え性の人では、腸が冷えることで働きが悪くなって便秘になっている場合もあるので、冷水ではなく、白湯や温かいスープなどを飲むのが良いでしょう。
フジッコ「善玉菌のチカラ」は【カスピ海ヨーグルト】の生きた乳酸菌で毎朝スッキリ♪

© 2017 磨羯宮
Designed by Sierra Camping -- Made free by Assertiveness Skills | Project Management Course | Time Management Course